fc2ブログ

2バーツ硬貨の苦悩

2バーツ硬貨の苦悩

2009/04/03(金)
新旧2バーツ
上の画像はタイで流通する「2バーツ硬貨」です。
金・銀2色あるのがお判りいただけるでしょうか?今回はこの理由について少々・・・・・・・・
タイに「2バーツ硬貨」が流通しはじめたのはおととし位ではなかったかと記憶しています。
しかし、これが庶民には非常に不評をかいました。

「2バーツ硬貨」のカラーは「銀色」、つまり既に流通している「1バーツ硬貨」や「5バーツ硬貨」と同色です。

「2バーツ硬貨」 直径およそ21.8mm、厚みおよそ1.55mm
これに対し
「1バーツ硬貨」 直径およそ20。0mm、厚みおよそ1.45mm
そして
「5バーツ硬貨」 直径およそ24。0mm、厚みおよそ2.15mm

上の諸元から判断すれば、大きさは
大きさに関しては、5バーツ硬貨」>「2バーツ硬貨」>「1バーツ硬貨」
たしかにサイズ的には「2バーツ硬貨」独自のサイズなのだが、
実際には「1バーツ硬貨」と「2バーツ硬貨」では大きさが2mm弱、
厚みもほとんど違わない為、支払時や釣銭を受取った時これを一瞬で判断するのはまず無理。これが実に紛らわしいと言う事で庶民の不評をかったわけです。
しかし、実際には既に流通してしまっているので、商店主は間違い防止の自衛策を講じました。

果たしてその自衛策とは?・・・・・・・・・・・・答えは次の画像です。
自衛策 ここで左の画像左下のコインに注目して頂きたい。
 「2バーツ硬貨」にマジック・インクで「2」(Zにも見えるが2と書いたと
 思う)と大きく書いています。
 これなら確かに間違いが防げそうですね。
 ちなみに画像右下が現在流通している「1バーツ硬貨」なのですが、
いかにも紛らわしそうでしょ。

そして、だいたい「2バーツ硬貨を流通させる意味があるのか?」と言う庶民からの不満の声に対しそれでもタイのお上は「2バーツ硬貨」の存続を決定。!

で、「これならどうだ!」お上からの回答が、オバマ人気にあやかったかどうかは定かではありませんが、「チェンジ!チェンジ!」・・・・・・、「チェンジ!チェンジ!」・・・・・・
と、今年に入り「シルバー」から「ゴールド」へ大胆なカラー・チェンジを敢行!!
と言う訳で冒頭の画像のように現在タイでは新旧色違い金・銀2種類の「2バーツ硬貨」が流通しています。

ついでに、この話との関連性は全く定かではありませんが、
昨日スーパーで受取った「25サタン」(1バーツの四分の一・タイ最少額硬貨)に新色発見!
※下の画像参照(画像が鮮明でなくスミマセン)
25と50 現行の「25サタン」と「50サタン」は「新2バーツ硬貨」と同色の金色
 ですが、これが銅色へ、日本の10円硬貨と同カラーになりました。
 「25サタン」&「50サタン」と「2バーツ硬貨」ではサイズが明らかに
 異なる為、まさかこれを間違える人はいないとは思いますが、
 もしかして不満の声が噴出する前に先手を打ったのでしょうか?

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの悩み - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント