fc2ブログ

同じ駅名「ウォンウェンヤイ」と「ウォンウェンヤイ」

同じ駅名「ウォンウェンヤイ」と「ウォンウェンヤイ」

2009/05/28(木)
ウォンウェンヤイST
今月15日華々しく開通式が行われたBTS「ウォンウェンヤイ駅」であるが
実は「ウォンウェンヤイ」にはもうひとつ「ウォンウェンヤイ駅」があるのである。
と言う事で、今日は老舗の「ウォンウェンヤイ駅」の方に立ち寄ってみた。

と書いたりすると何となくさりげない感じだが、
実はヤワラーットの帰りに乗ったバスを間違えてしまってどうしてもここで降りないと自宅へ帰るのが困難になると思っただけなのであるが(汗

20年近くタイと付き合っているが、「ウォンウェンヤイ」に降り立ったのは多分今回が3回目である。
ここは何年か前に大火事があって駅そのものだったか駅周辺だったか忘れたが、結構消失したとニュースで見た記憶がある。

で、上の画像は左が先日開通したばかりの新しい「ウォンウェンヤイ駅」で、右が老舗の方である。
老舗は文字通り「ウォンウェンヤイ」に隣接しているが、新設のBTS「ウォンウェンヤイ駅」はここからは結構歩かなければならない。

ウォンウェンヤイも変わっていた
ウォンウェンヤイロータリー
嘗てはローターリーの中心に立つ「タークシン王」を見る事も出来ない位樹木が林立していたが
いつの間にか画像のような状態に整備され「タークシン王」が何処からでも見えるようになっていた。

さて、本題に戻ろう。老舗の「ウォンウェンヤイ駅」の話題である。
のんびり

老舗の「ウォンウェンヤイ駅」はこのようにローカルで非常にのどかな雰囲気である。

まだ閉まってる

私が訪れた時は次の列車「16:30」発までおよそ30分ほど時間があり、切符売り場はまだ閉まっていた。この路線の詳細に関しては私の友人でもある「warzy」さんが詳しいので、興味のある方は是非そちらをご覧いただければ参考になると思う。

この路線は「ウォンウェンヤイ」-「マハーチャイ」間31.2Kmを結ぶタイ国鉄の路線である。
その先は「バンレム」-「メークロン」を結ぶ路線である事は切符売り場の上に書かれているので解るが、行った事がないので申し訳ないが詳細は定かでない。

モダンとレトロ

全てがモダンなBTS「ウォンウェンヤイ駅」、うねった線路に降り立ち餌をついばむハト、
まるで数十年か昔の写真を見ているような老舗の「ウォンウェンヤイ駅」
モダンとレトロがわずか1kmほどの距離で混じり合う時間のカオス!
これもまたタイの魅力のひとつではないだろうか?

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの乗り物 - トラックバック(0) - コメント(2)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメント

なんぼなんでも

「ウォンウェンヤイ」と読ませるのはちょいと無理あるちゃう。
ウォンイァウヤイが妥当とおもうが、、
これ、ケチちゃいまんねんアバドイスねっ。

2009/05/28-20:09 | URL | あーちゃーん #-[ Edit]

Re: なんぼなんでも

> 「ウォンウェンヤイ」と読ませるのはちょいと無理あるちゃう。
> ウォンイァウヤイが妥当とおもうが、、
> これ、ケチちゃいまんねんアバドイスねっ。

ご指摘ありがとうございます。タイ語をカタカナで表記するのは難しいですね。
今後はご指摘に沿ってなるべく原音に近いカタカナ表記とするよう努力致します。

2009/05/28-21:46 | URL | トックチャイ #-[ Edit]

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント