fc2ブログ

ビギナーズ・ラックで景品ゲット!

ビギナーズ・ラックで景品ゲット!

2009/05/22(金)
本日はタイ庶民のささやかな楽しみ、「チャラァー」をご紹介しましょう。

リアン・ブー

ベニヤ板にビッシリと貼り付けられた茶色の紙片、これは所謂「くじ」である。

これをご覧の皆さんも子供の頃駄菓子屋等で射幸心を煽られ、気が付いたら思わぬ無駄使いをしてしまった。と言うような経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。

紙片の総枚数は2475枚、白く見える所は既にお客様がくじを引いた跡である。
これは子供向けの「くじ」では無い。
したがって景品も「甘納豆」や「飴」、子供の頃夢にまで出てきた憧れの「大判煎餅」でもない。
ジャジャ~ン、これである。

景品です

最上段は「100 PIPERS」、通称「ハンドレッド(100)」と呼ばれるウイスキーが4本、
次に「BLEND 285」、通称「ソン・ペット・ハー(285)」と呼ばれるウイスキーが4本、
それに「ペプシ」が8本、ムエタイの試合で必ずスポンサーとして登場する「M150」が8本と続く。

景品の当たる確率
景品の総数は24であるが、これに対し「くじ」の枚数は2475枚・・・・・・・・
という事は、景品を引き当てる確率は1%を少し下回る計算になる。
つまり100回引いても当たらない可能性もある訳だ。

冷静に考えてみればこの確率では当たらないのが当然と思うのが普通ではないだろうか。

しかし、この「くじ」実は結構人気が高いのである。

人気の秘密はなにか?
人気の秘密、その一は、何と言っても1枚たったの2バーツと言う価格であろう。
次に一段目、二段目に張り付いているウィスキーにある。
「100 PIPERS」は通常350バーツ前後(店によって価格に若干の差がある)
「BLEND 285」の方は210バーツ前後するのである。
これは射幸心を煽るには充分な要素を備えていると言わざるを得ないであろう。

1枚2バーツ、100枚引けばウィスキーは俺のもんじゃ!しかも200バーツでウィスキーGETじゃ!
と、皆さんはこのように考えるらしい。
実際に1度に50枚とか100枚、縦1列そっくりと言うような引く方をする方が多いようである。

この「チャラァー」は「くじ+景品一式」で業者が販売しているようである。
それにしても1枚2バーツとは言え「くじ」の総数2475枚ともなれば4950バーツである。
お店にとって「チャラァー」は結構おいしい商売ネタであろう。

さっそくチァレンジ、果して・・・・・
ペプシが当たった それでは、と言う事で私もチャレンジしてみました。投資金額は4バーツ、
 つまり「くじ」2枚。1枚目「922」う~ん、該当なし。
 2枚目「33」、おっ、やったぁ~景品ゲットォ~!!!ペプシだぁ~!!
 と言う事で私の「チャラァー」デビュー戦は超ビギナーズ・ラックで見事に
 ペプシを引き当てたのであった。
差し引きおよそ10バーツの儲け。今日はついてるぞ!と素直に喜ぶべきか?
はたまた今日のツキを10バーツの儲けの為に使い果してしまったと悲しむべきか?

皆さんならどうお考えになられるか?

えっ、わたしですか?これから100バーツ握り締めてウィスキーGETに行ってきま~っす!


▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイのカルチャー - トラックバック(1) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

トラックバック

トラックバックURL
http://abcthailand.blog40.fc2.com/tb.php/74-9ad4da40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2014/01/14 21:10】