fc2ブログ

サプリdeダイエット①

サプリdeダイエット①

2009/05/14(木)
只今ダイエットに挑戦中である。
きっかけはおよそ10年振りに体重が80kg代突入間近かとなった事である。
普通ダイエットと言えば運動してカロリーを消費し、食事にも気を使って体重を落とす。これが理想ではないかと思う。
が毎晩ビールは飲みたいし、好きな食べ物を我慢するのもなぁ、運動はする時間が無い(嫌なだけだけど・・・)と言う私のようなわがままオヤジには、はっきり言ってダイエットは不向きである。

しかし私は強い味方を発見したのである。
タイの「減肥丸」(仮称)であるが私には「減悲願」の方がピッタリするかもしれない。
減悲願 不気味な黒い粒、漢方の匂い、タイのダイエットサプリである。
 成分は100%天然ハーブであると書いてある。
 効能は体内や血中の脂肪を体外へ排泄する働きがあるのだそうである。
 飲用方法は毎夕食後1~3粒を飲むようにとの事である。
 早速3粒飲んでみた。それは10分とかからずに私に襲い掛かってきた、
猛烈な便意である。トイレに駆込む、「ドバァ~」・・・・・・・「フゥ~」もの凄い量であった。
何か凄くスッキリした気持ちになった。その日はその後立て続けに2回トイレに行ったが、2回とも「えっ、こんなに?」と驚くような量であった。

果してサプリ「減肥丸」(仮称)で私の「減悲願」は達成されるのか?
その後も毎晩3粒飲み続けた「3歩進んで2歩下がる」と言った感じで体重が落ちては戻り、
落ちては戻り、を繰り返しながらそれでも1週間後には5kgの減量に成功したのである。
このペースで行けば・・・・・・・「フフッ」2ヵ月後にはスーパーモデルも夢じゃない!?

が、私の期待に反しその後は全く体重が減らなくなった。が増えもしない。
何たって毎晩ビールは飲むわ、食事制限も運動も一切無しと言うわがまま振りなのである。
これ以上はいかに優秀なサプリの力を持ってしても無理なのも致し方ないであろう。
と、以上が自分自身をサンプルにして試した結果である。

確かにこのサプリは私に5kgの体重減と言う効果をプレゼントしてくれた。しかし弊害も多々あった。

初めの内は飲用後それ程時間を置かずに来ていた便意であるが、その訪れが次第に遅くなってきたのである。すなわち夜中にトイレに駆込む必要が出てきたのである。
しかもそれは一度では済まず、必ず3~4回は繰り返される。気持ちよ~く寝ている夜中の2時や3時に便意に襲われ毎晩起こされるのである。これでは少々寝不足になるのも当たり前である。

もう一つ、これは毎日ではないが、夜中に何度か腹痛に襲われる事があった。これはこのサプリの購入時にも聞いていたし、腹痛はそれ程激しい物では無かったが、もちろん無いに越した事はない。

最後にこの事も購入時に聞いていたし、私はあまり気にしないのだが、このサプリを飲用すると「下痢」をする。しかし、私の場合夜中にトイレとお友達になった後は便意に襲われる事は無かったので、昼間の活動時間の支障になるような事は一度も無かった。また、サプリを飲用しない日は至って通常なので「下痢」もこのサプリの成分によって引き起こされている事は明らかであろう。
飲用が夕食後のみと言う理由はここにあったのである。出かける前には絶対飲めません。

最後に自分で試し導き出した結論である。
①このサプリは短期間で即効性が期待出来る。②体重が落ちなくなったら飲用を止めてもリバウンドは無い。③夜中に何度も起こされ寝不足になる場合もある。④軽い腹痛を伴う事もある。

「体重減少の為には多少の腹痛・下痢・寝不足等には耐えてみせる。」
と言う気合の入った御仁にはお奨め出来る。

私は知人のタイ女性2名にもこのサプリを渡して試していただいた。
1人目の被験者は40歳女性、この方は便秘が辛いと言っていたので早速人体実験をお願いした。
翌朝「あ~っスッキリ!」と電話で報告を頂きました。
が、その数日後電話で「便に血が・・・・」、「えッ、そりゃ大変だ」と言う事で早速ネットで調べてみた。
便秘等で便通が頻繁で無い場合、いきなり便通が良くなると粘膜が傷ついて出血する事があるらしい事がわかった。彼女にサプリの服用を止めて様子を見るように連絡したが、やはり原因はそれだったようで、直ぐに直ったとの報告を受取ったのである。便秘にも良いようである。

2人目の被験者は29歳女性、この方は最近太り気味だと言う事で早速人体実験をお願いした。
結果一週間で2kg体重が減ったが、その後変化なしと言う事だった。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイでダイエット - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント