fc2ブログ

タイ国境②かき氷

タイ国境②かき氷

2009/05/19(火)
今月の初めにタイにもあるぞ「かき氷」と言う報告をしたが、先日カンボジアを訪れた折にも「かき氷」を発見した。本日は「カンボジアにもあったぞかき氷」と言う報告である。

カンボジアかき氷1 この屋台がカンボジアの「かき氷」屋台である。たとえ陸つながりとは言え
 タイを一歩でも離れればそこはもう立派に他の国である。屋台の作りもタイ
 とは異なる部分が多く見うけられる。屋台に来客
 
 早速お客様である。
 若いカンボジアレディーが二人「かき氷」を注文した。
これはチャンスである!かき氷の製作過程の撮影が出来るぞ!
タイ国境近くではタイ語が通じるので大変助かる。
早速屋台のおにいさんとカンボジアレディー二人に挨拶して撮影を許可して頂いたのである。
かんな式氷削り器 カンボジアのかき氷器もタイと同様カンナ式であった。板に釘を打ちつけて
 氷を固定している方法も同じである。
 ここでお兄さんの左手に注目していただきたい。手にしているのはタイの
 お札20バーツと100バーツである。タイ国境付近ではタイ語だけでなく
 タイのお金もしっかりと普通に流通しているのである。

「かき氷」はタイと違って四角い容器入りであった。イチゴ味やメロン味等は無く練乳のみ。

シロップタップリ いただきます「かき氷」に練乳をタップリと掛けて完成である。
 いただきま~す!!
 「美味しいですか?」(セーップ・ボォー?)
 「はい、冷たくておいしい~でぇ~っす!」
 「あなたもどう?」「あ~っん」と勧められたのだが
年甲斐も無く(じゃなくって有りか?)照れてしまった。照れついでにお名前をお伺いする事も失念したのである。
30年ほど前はブイブイいわせていたが、実は「サタディーナイト・フィーバー」世代は結構シャイなのである。

おっと「かき氷」の料金は5バーツであった。
料金はタイの半分だが量も半分位なので結果タイと同じと言うところか。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの地方 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント