fc2ブログ

タイ国境①物資の往来

タイ国境①物資の往来

2009/05/12(火)
タイ側「アランヤプラテート」からカンボジア側の「ポイペット」に通じる国境があるが、先日ここを訪れた。タイよりカンボジア側に入り、まず目に付くのは「カジノ」である。
ここには巨大なカジノ群が林立していて、週末ともなればタイの方々が一攫千金を夢見て大挙してやってくる為、タイからの出国に驚くほど時間が掛かる事がある。
外国人旅行者にとってはカンボジアの「アンコールワット」観光への陸路での入り口である。

ボーダー これはカンボジア側からタイ側国境を撮影した画像である。「アンコールワ
 ット」を模した巨大な門が目を惹く。ここは既にカンボジアである。この門の
 中に見える三角屋根がタイのイミグレーションである。タイよりカンボジアへ
 入国したとたん全ての景色は一変する。
 私はこのような感覚がたいへん好きである。

このタイ-カンボジア国境の人や物資の往来は盛んである。コンクリート運搬車
タイ側からは大型トラックやトレーラーがひっきりなしに国境を通過して行く。画像はカンボジアのイミグレーション手前で積荷の検閲を受けている所である。積荷はコンクリートであった。タイから運ばれる荷物は主に建築資材が多いようである。ナンバープレートを見るとこの国境のある地元「サッケオ」県ナンバーの車が多かった。
カンボジア側からもタイへ荷物が輸出されてゆくが、こちらの荷物の移動手段は少し異なる。
カンボジアからタイへ荷物を運び込む手段の主役はこれ人力「大八車」である。
荷車1 荷車に満載された積荷は多分「衣料品」だと思われる。それにしてもかなり
 の重量があるのであろう、大勢で押している。後方のバイク2台も後押しを
 手伝っているようだが、はたして効果の程は如何なものであろうか?タイ側
 国境の傍には「ロング・クルア市場」と呼ばれる巨大な国境マーケットがあ
 り、おそらくこの物資はそこで販売されるのであろう。

市場直行バスこの「ロング・クルア市場」には、およそ300km離れたバンコクからも平日・週末を問わず大勢のタイ人が商品仕入れに訪れるのである。
私は久し振りにここを訪れたのだが、以前は無かったが、今ではバンコクの北バスターミナルからこの市場直行バスも出ているようである。
これなら旅行者の方にも便利である。バンコクを早朝に発てば4,5時間
この巨大市場を見学してその日の夜にはバンコクへ戻る事も可能である。

この市場の売り子さんはカンボジア人女性が多いのでちょっとした異国の雰囲気も味わえる。
この市場は本当に大きい。しかも現在更に増殖中なのである。トイレも有料ではあるが沢山ある、有料ゆえに掃除も行き届き清潔。女性の方でも安心して利用できるだろう。あまりに広大で歩くのは大変だし時間の節約にもなるので、ここでは貸自転車を利用する事をお奨めする。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの地方 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント