fc2ブログ

本能時のへん・パート②

本能時のへん・パート②

2009/04/27(月)
4月7日に「本能時のへん・パート①」をお伝えしたが、その後明るい時間にまともな雨が降らず続編をお伝えする機会が無かったが、遂にその時が来た!
4月26日日曜日午後になり待望の本格的な雨が降った!
ので残念ながら「目玉焼きは出来るか?」の追実験は叶わず延期を余儀なくされてしまったが、果たして本日ツバメさん達の望みは叶ったのか?
では早速報告を開始する事にしよう。

昨日は早朝に雷を伴った激しい雨が降ったが、午後になって再び雷雨になった。
空に頻繁に走る稲妻を何とか撮影したいとの思いでデジカメ携えべランダへ出た。
ツバメの群れ するとこのように外には沢山のツバメが飛来していた。
 降りしきる激しい雨の中じっと何かを待っている。
 ゴメン、ツバメさん。正直私は君達の事をすっかり忘れていた。
 今日はあるかな、あれが・・・・・応援してるかんね。
 是非今日は私に「年に一度のショー」を見せてちょうだいね。
雨が小降りになったのは午後4時過ぎ位だった。
             「でっでた~!」「きっきたぁ~!」
その時私は確かに見た!
メン・マオだけどこの被写体は物凄く小さいのだ!
画像に納めるのは難しいが「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる!」
およそ30分ほど撮りに撮りまくった。
私が狙った被写体が画像の左側にかろうじて写っていた。
竹コプターのような物体なのだが確認いただけたであろうか?
もう少しよ~く見ていただくと後ろの方にも沢山飛んでいるのがお分かりいただけると思う。

これがその正体だ。名前は「マレーン・マオ」または「メン・マオ」と呼ばれる羽蟻のような虫だ。
マレン・マオ 体長は1cm程で、羽が体長の2.5倍ほどある。
 ふっくら太った個体とスリムな個体の2種類あり、スリムな方は羽
 も短い。多分雌雄の差では?と思うが今の所不明である。
 ツバメがひたすら待っていたのはこれである!この虫は毎年この時
 期初めて雨が降ると地中から這い出し空へ飛び立つのだ。

空中戦で、この虫とツバメが出会うとどうなるのか?それが右の画像である。
敵味方?入り乱れての壮絶な空中戦が繰り広げられのである。
何度も言うが「ツバメ」は被写体が小さい、「メン・マオ」はもっと小さい。
故にこの程度の画像でしかお伝へ出来ないのが誠に残念である。
実際の様子はかなり迫力があるのである!
何しろツバメは必死なのである。もともとツバメは昆虫などを空中捕獲して食べる鳥であるが
今回は特に気合が違うのである。これが年に一度のチャンスである事を彼ら理解しているし、彼らの本能に沿った行動の為に絶対に不可欠なのである。

本能とは、動物(人間を含む)が生まれつき持っていると想定されている、ある行動へと駆り立てる性質のことを指す』(フリー百科事典『ウィキペディア』)
では、ツバメの本能とは何であろうか?特筆すべきは「渡り」である事に異論を唱える方はいないと思う。そう今回のチャンスにツバメはたらふく食べて体力を付け朝鮮半島や中国へと渡って行くのである。自然の摂理の何と素晴らしい事よ!まさにロマンである。

ちなみにタイのツバメは日本へは渡らないらしい。
毎日大勢の日本男性がタイへ飛来するが、この「渡り」は日本男性の本能なのであろか?

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの自然 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント