fc2ブログ

ひたすらまっすぐな道

ひたすらまっすぐな道

2009/03/30(月)
ひたすらまっすぐ バンコクから世界最大仏塔と言われる「プラ・パトム・チェディ」で
 有名な「ナコーン・パトム」へ行くには「ペッカセム・ハイウェー(国
 道4号線)」を進む。
 「ペッカセム・ハイウェー」は「タークシン大王象」があるロータリー
 「ウォンウェンヤイ」から「バンケー」方面に約2Km程先、「ラチャダ・ピセーク通り」との交差点がスタート地点となり、タイ南部への大動脈である。
そう言えば「ラチャダ・ピセーク通り」もこの交差点迄で、
そこから先はピンクラオ方面に向かって「チャラン・サニットウォン通り」と名称が変わる。
さて、話は戻ってこの道路は「ハイウェー」と呼んでいるが有料道路ではなく一般道なのだが、片側3~4車線の整備された道路だ。
タイの道は全般的に直線路が非常に多いのだが
これから紹介する直線路はその中でも特筆ものであろう。

ペッカセム・ハイウェー」を「ナコーン・パトム」方面へ進み、28Kmポスト(注①)の先が大きく右にカーブする。
このカーブを抜けて29Kmポストから先がなが~い・なが~い直線道路の始まり、始まり・・・・・・・
この直線路に入り1.5Km程先の左側には日本人にも有名な観光スポット「ローズガーデン」があるので
これを「ローズガーデン前ストレート」(仮称)とでも呼ぶ事にしよう、

この仮称「ローズガーデン前ストレート」はずーっと35Kmポストまでおよそ6Kmひたすら直線だ。
この「ローズガーデン前ストレート」の終わりは大きな左コーナーになっていて、
これを超えると今度は更に凄い、およそ10Kmにおよぶ直線路だ!これはお見事、ひたすらまっすぐぅ~!!

画像はこの10Km直線路に入りおよそ1km程の地点にある歩道橋の上から「ナコーン・パトム」方面を撮影したものだが、先の方はかすんで見えない。

注①バンコクから28Kmの意味、日本式に言えば「一里塚
三里塚 タイの道路には必ずこのポスト(杭)が1km毎に設置されており、
 基点地からの距離や次の街までの距離等の情報が示されている。
 なお形状はさまざまである。
 ※左の画像は本文中の場所とは関係ありません。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの道 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント