fc2ブログ

クイチャップ

クイチャップ

2009/04/24(金)
最近ブログのネタにと自分が普段食した物をせっせと画像に残している。だいぶ溜まってきたのでボチボチ紹介していこう。記念すべき企画第一弾は「クイチャップ」である。

ところで皆さんは「クイチャップ」をご存知だろうか?
あまり耳にしないと思う。しかしスーパーにはこれのインスタント版も売っている位タイではポピュラーな食べ物である。日本の方にはあまり有名な食べ物ではないように思うが本日は詳細な説明をするのでこれまで知らなかった方にも是非チャレンジして欲しい。

ジャジャ~ン!これである!!
クイチャップ なんだ「クッティオ」じゃないか?って、よ~く見ていただきたい。
 センターにドドーンと特大ゆで卵?の4分の1カットが鎮座している。
 ゆで卵の手前にガーリックオイル、その隣の茶色の物体は豚の「血
 のプリン」である。そしてゆで卵の向こうは「厚揚げ」、ゆで卵は豚モ
 ツに取り囲まれている。その他には定番のパクチー&ねぎ。
あとはスープと上記の説明に出てこなかった部材、そうスープの中にくるくると丸まった白い筒状の物体、これこそが「クイチャップ」である。クイチャップの正体

レンゲを用い「クイチャップ」が見えやすいように強調した画像である。
モザイク・ぼかし等一切無し!「クイチャップ」が丸見えである。
クイチャップ本体 これは特別にお願いして「クイチャップ」の正体を撮影させてい
 ただいた物である。「クイチャップ」は米から作った麺「センレック」や
 「センヤイ」とは親子の関係である。カットが違うのである。
 大きさは「ワンタンの皮」大である。これを水の入った鍋へ投入し放置
 すると水分を吸収しクルクルと丸まるのである(右下の画像)

水の中から取出す問題の味であるが私の不満点から述べさせていただくが、水の中で丸まった「クイチャップ」を水切りして器に入れるのだが、丸まって重なった部分にどうしても水が残る為、「クイチャップ」を口に入れた時に味気ない事が多々ある。また同様の理由からどうしてもスープの温度が下がってしまうので熱々スープが好みの私にはちょっと不満である。

さて肝心の食感だが「超幅広のきしめんに若干の粘りを付けた感じ」と言った所か?
何だか分かったような分からないような表現で大変申し訳ない。

あと「クイチャップ」を食べる際の注意事項だが、丸まった物を口に入れる訳だがこの時「チュー」と以外に大きな音が出る場合がある。タイでは音を出して食事をするのはタブーである
のでレンゲで小さくカットしてから口に入れた方が無難である。

ついでに申し上げておくが、「バーミー」や「クッティオ」等の麺類を食べる時も同様である。
絶対に麺をすすり込んで「ズルズル」等と音は立てないよう注意して欲しい。
タイでは麺は「パクパク」と食べる物である。
ここで本日の標語である。タイの麺「パクパク」食べよう「ズルズル」厳禁!
とは言うものの麺を「ズルズル」と食べるのは日本人の長年の習慣であるのでこれをしてはいけないと言っても実際はなかなか難しいと思うが、これを見た皆さんは次回から是非注意を払って欲しい。 おっと、もひとつ。どんぶり持ってスープ飲むのも絶対駄目だかんね!

「クイチャップ」は街中に専門店もあるし、屋台でも専門の所がある他、「クッティオ」屋台でも取り扱っている所もある。
実際に街中で探し当てる際には「4つ切りゆで卵」「カットされた厚揚げ」「ムー・クロップ(豚のカリカリ揚げ)」「腸の煮込み」等がキーポイントとなるだろう。

今回食べた「クイチャップ」は25バーツであったが、お腹が空いている時は30バーツで「ピセック(大盛り)」を頼む事も可能である。(※価格は店により異なる)
その他ちょっと通?を気取って「カオラオ・クイチャップ」、これは「クイチャップ」の具材に「モヤシ」等を入れたスープであるが、これに「カオ・パオ(白飯)」をオーダーすると言う手もある。
これなら間違いなく満腹である。メデタシ、メデタシ。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
これ食べました - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント