fc2ブログ

今年のタイ元旦は物騒だった。

今年のタイ元旦は物騒だった。

2009/04/13(月)
サワッディ・ピー・マイ・クラッ~プ!
新年明けましておめでとうございます。
今日はタイの元旦である。

タイ首相 これはタイの現首相「アビシット氏」である。
 TVでタイの新年の挨拶を行っている?・・否!否!否!
 13日11時40分の事である。全てのTV局の放送中断され
 一斉にこの画面にいきなり切替わり、首相の現状報告が始まった。
 歳も若く、とてもハンサム、バイタリティーに溢れたイメージのなアビシット首相だが今日の彼は何だかかなり疲れているようだった。

無理もない、今年の元旦は何だかとても物騒な事になっているようだ。
先日11日に「ASEAN会議」の会議が行われるホテルに乱入し会議を中止に追い込んだ
通称「スア・デーン(赤服軍団)」がバンコク市内の各所で道路封鎖を行っているのだ。

道路封鎖1 この画像は道路封鎖が行われている様子を流す
 TVニュースの画面を撮影した物であるが、
 このように路線バスを道路に横付けて道路封鎖している。
 大量の煙が立ち昇っているが
 これは路上に置いたタイヤに火を付けた為である。

この場所は戦勝記念塔、ラチャウィティー通りの入り口かと思われる。

タイの大晦日である昨日12日午後からはバンコクを初めとする近隣5県に「非常事態宣言」も発令されている。タイでは「非常事態宣言」が発令されると「5人以上の集会の禁止」「一部交通手段の制限」「報道の検閲」「建物、地域の使用制限」等の規制がなされるのである。
これはつまり、「赤服軍団」の行為に対し、強制排除も辞さないとの意思表示でもあるのだ。

炎上するバス こちらは火を放たれ炎上するバスである。
 画面左側に映っている車両は放水車で
 この後直ぐに放水が開始されバス火災は鎮火した。
 この撮影場所は定かでないが
 普段見慣れたバンコク市内がまるで戦場のようである!

発砲する兵隊 画面が荒れているが兵士が発砲している場面だ!
 上のバス火災が鎮火したちょうどその時、
 突然もう一台のバスが兵士に向かって後進して来たのだ。
 兵士はこのバスに向かって発砲している。
 この画面のブレは元映像のブレなのでお許しあれ。
これらの報道映像は日本のTVニュースで既にご覧になった方も多いかもしれない。
画像だけ見ているとタイは内戦状態なのか!と思われる方もおられるかも知れないが
バンコク市内のホンの一部地域のみがこのような状態にあり
他の地域は至って平常、平和である事を報告する。

これは余談であるが、
今回国際会議を中止に追込むと言う行動に出た赤服軍団を率いたのが
アリスマン」と言う政治家なのだが、彼は昔歌手であった。
およそ20年前初めてタイを訪れた時彼の「カセット・テープ」を購入した。
そして私は彼のファンになり、初めて覚えたタイカラオケも彼の曲だった。
今回TVニュースで久し振りに彼を見た。
顔には昔の面影があったが、すっかりふくよかな「おっさん」になっていた。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの悩み - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント