fc2ブログ

北バスターミナルにて

北バスターミナルにて

2009/04/05(日)
今日「カンペーンペッ(ト)」に行く為バスで国道1号線を北上した。
バンコク-カンペーンペッ(ト)間は距離にして約350Km、所要時間はおよそ7時間の予定、
とすると飛行機でバンコクから成田へ行くより時間が掛かるわけだ。

出発は北バースターミナル(通称・モチットマイ)14時丁度の予定。
私は13時過ぎに北バスターミナルに到着し、早速チケットを購入する為正面玄関より中へ、
中に入ると直ぐにインフォメーションセンターがあったのでそこでチケット売り場を尋ねる事に。

インフォメーション・センターにはおじさんが座っていた(普通はレディーだろうが・・・)
おじさんはチケット売り場はターミナル正面玄関傍の25、26番であると即座に答えてくれた。
回答の素早さから考えると、このおじさんは臨時で座ってるとかではなく、多分ここが彼の受け持ちなのだろう。(でもさ、普通はレディーだろうが・・・・・)

25番で順番を待つ間、私は窓口にタイ語で書かれている行き先を読んでいた。
と、27番窓口に「カンペーンペッ(ト)」と書かれていたが、25番には「カンペーンペッ(ト)」の地名が無い事に気が付いた。
「げっ、せっかく並んだのにまた並び直しかよ?」と考えた時丁度私の番になった。
こうなりゃ駄目もとだ!
「14時のカンペーンペッ(ト)行き一枚」と私は流暢な(ほんとかよ?)タイ語で言った。
するとあっさりチケットが出てきた。2等バス(エアコン付)で料金210Bなり・・・・・・・・・

その後クーポン食堂(支払がクーポン式の食堂)で腹を満たし、15分前にバス乗り場へ
水も購入し、よっしゃ準備万端!と、乗車前の一服がしたくなった。

ちなみに最近タイは公共スペースは全て「禁煙」となっている。
ここはオープンスペースなのだが、公共スペースであるわけだから当然禁煙だ、
柱や壁の至る所に「この場所で喫煙すると2000バーツの罰金」と言うステッカーが貼られていた。
が、どうだ流石はタイである。ベンチで煙草をすっている恐れ知らずの強者タイ人がいるではないか。

私は近くを見渡しここの職員らしき方を発見。
「煙草は何処で吸えますか?」と尋ねてみた。
「ルール有るけど、例外多し、タイランド」と川柳にも詠まれた(誰が・・・・・)タイの事、
きっと「何処でもOK」と言う返事があると私は踏んでいたのだが、
「ほら、あっちですよ」と彼は私の淡い期待を裏切り、はるか彼方を指差した。

そう言われれば仕方がないのでトボトボと歩いて喫煙所へと向かった。
喫煙所 これが北バスターミナルに生えていた喫煙所である。
 何かの植物をモチーフにしていると思ったので
 敢えて「生えていた」とさせていただいたが
 色も形もなかなかお洒落だと思いませんか。
 しかし雨が降ったらずぶ濡れだな、きっと・・・・・・
画像の奥、バスが停まっている所がプラットフォームとなっている。

2等バス こちらのバスが今回私がお世話になった2等バスです。
 バンコク発スコータイ行き、
 途中ナコンサワン・カンペーンペッ(ト)等数箇所に停まる。
 「KAWASAKI ZⅡ」を彷彿させるサイドの「火の玉模様」の
 デカールがとってもお洒落ですね。
こうして画像でしかも遠めに見ると結構綺麗に見えるのですが、
実際近くに寄ると結構年季を感じさせ箇所が多々あります。

しかし、リクライニングシートはJALのエコノミー・クラスのシートよりも倒れるし、エアコンもバッチリ!
シート地は布地で、パタヤ路線を走る1等バスのビニール・シートより余程快適でした。

この手の長距離バスは、最後尾に大きなエンジンを積載している。
したがって後方に席をとるほど騒音が大きくなる傾向にある。
また乗り心地重視の為サスペンションはかなりふわふわするのでタイヤの上も避けた方が無難。

最近のチケット窓口ではコンピュター画面で席の予約状況が確認出来るようになっている所も多く見受ける。これなら指差し指定も可能だ。
いづれにしても最低数時間は乗らなければならないのだから遠慮せず希望を伝えよう。
ちなみに今回私は前から3列目の窓際に陣取りました。って前輪の上か?(汗

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの乗り物 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント