fc2ブログ

タイの携帯電話

雷が鳴ったら携帯電話の電源を切った方がいい。

2009/05/19(火)
バンコク都内でも雨の多い所、少ない所があるが、私の住む所では先週は良く雨が降った。
先週の雨は必ず雷鳴や稲光を伴っていたが、今朝の「タイラット新聞」一面に掲載された画像には@おどろいた。

それは3人の男女が地面に仰向けになって倒れている画像だった。既に息は無い。
事件はスパンブリー県のある寺の境内で起こった。
雨が降る中、携帯電話で通話中の人の携帯電話に突然落雷があったのである。
近くにいた方2人も感電死との事であった。

先週も同様の落雷事故で2人の方が亡くなっている。

携帯電話に落雷する等考えた事も無かったが、
私は本日これより雷がなったら携帯電話のスイッチを切ることにする。
皆さんもくれぐれもお気をつけ下さいね。
スポンサーサイト



▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの携帯電話 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

「1-2Call」のリフィル方法

2009/05/03(日)
最近登場した携帯電話用「自動料金追加機」のリフィル方法に付いては先日ご紹介したが、今回は他の方法に付いて触れてみる事にする。

まず私自身の場合であるが、以前は「リフィル・カード」を購入して料金追加を行っていたが、現在一番利用する機会が多いのは「ATM」(現金自動払出機)である。
私はバンコク銀行に口座を開設しており、昨年後半に「i-banking」なるインターネット・バンキングのサービスも利用出来るようになった。このサービスの中でも携帯電話リフィルが出来るようだが、悲しいかな歳を取るとなかなか要領を得ず未だにリフィルが出来ないのである。

バンコク銀行ATM 本日最初に紹介する携帯電話リフィル方法であるが、ここで説明
 するのはバンコク銀行ATMカード保有者がバンコク銀行「ATM」機を
 使用し「1-2Call」 へリフィルする場合の説明である事をお断りして
 おく。

では説明を開始しよう。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの携帯電話 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

携帯料金移管の方法

2009/04/30(木)
タイトルに結構悩んでしまった。結局本日は何を説明したいのか?と言えば
携帯電話通話料金を自分の電話から他の方へ移す方法である。

例えばこんな時に使えるかもしれない。

自分の彼女(もちろん友人でも可である)にプレゼントする。
彼女とけんかして気まずい時なんかには良いかも知れない (ちょっとキザかな?)
また、自分のタイ到着をさりげなく彼女へ伝える方法としても使える (これ渋いかも!)
但しいずれも相手の方が貴方の番号を知っている場合に限定されるが・・・・・・・・・

「AIS・1-2 Call」の場合実際の作業を以下に説明する。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの携帯電話 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

携帯用自動料金追加機・その②

2009/04/23(木)
昨日は「携帯用自動料金追加機」を紹介したが
いよいよ本日は実際にリフィル(料金チャージ)にチャレンジしてみる。
実験のお供は昨日紹介した1号機である。

小銭を用意 まず最初に必要な物は「小銭」である。
 使用可能な硬貨は「1バーツ」「2バーツ」「5バーツ」「10バーツ」の
 4種類で、お札は使用不可である。
 万一小銭が無い場合は「セベン」(セブン・イレブン)等で「リフィル
 ・カード」を購入するのが正解だろう。
余談になるが「セベン」では「リフィル・カード」は定価販売であるが、地元商店で購入する場合、「50バーツ」や「100バーツ」の少額「リフィル・カード」は5バーツプラスになる事が多いので購入の際は予め価格の確認をした方が無難である。

話を戻そう。そうもし小銭が無い場合であるが、この手の機械は大抵は商店の店頭に設置されている。そういう場合はそのお店で気持ちよく両替に応じてくれる筈である。
両替をお願いする際は「コー・レーク・グン・ノーイ・ダァイ・マイ・カップ」でOKである。

では、次のステップに進む事にしよう。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの携帯電話 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

携帯用自動料金追加機・その①

2009/04/22(水)
私が購読しているメールマガジン「今日のタイねた」3月30日号に
「タイの携帯電話利用者の大半はプリペイド方式で、コンビニ等でリフィルカードを買うか、或いは各キャリアの窓口で通話残高をチャージしていると思いますが、来月には、この自動販売機が登場するようです。
ATM機に似たこのリフィル販売機は、リフィルカードを販売するのではなく、この機械から直接残高チャージができるものです。AISDTACTRUE、HUTCH及びCAT CDMAの5社のキャリアに対応し、10-100バーツのリフィルを販売するようです。この機械とシステムを考案した企業では、日本の自動販売機と同様にオーナーも募集しており・・・・・・・・・・」
と言う記事がありました。

おっ、それなら似たような機械を見た事あるぞ!と言う事で早速取材を敢行した。
自動料金追加販売機 これである。私の記憶が正しければ設置は今年1月頃だった。
 リフィール・カードの自販機ではなく、この機械から携帯電話
 直接リフィール(残高追加)出来るのだ。
 但しこの機械は「AIS」、「DTAC」そして「TRUE」の3社しか対応してい
 ないので、前述の記事で紹介された機械とは若干異なるようである。

▼ ランキング参加中、応援お願いします

旅行・観光ガイド たびすまいる
旅行専門
たびすまブログランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
タイの携帯電話 - トラックバック(0) - コメント(0)
テーマ: タイ - ジャンル: 海外情報 | ▲ページ先頭に戻る

関連エントリー

Loading